学生は売り込んではダメ! 正直に書くことの重要性

目安時間:約 5分

日々の就学お疲れさまです

だいぶ寒くなってきているので

体調に気を付けていきたいところですね!

 

さて商品を買ってもらおうとするときに

知らず知らずのうちに商品を売り込んでしまうことがあります!

家に訪問してくるセールスマンのように!

あの方たちはセールス力という武器がありますので

売り込んでも購入につなげることができますが

私たちが売り込んでしまうと

技術がありませんので、すぐ距離を取られてしまうのです!

今回は売り込まないということについてお話していきますね!

 

人間は売り込まれることを嫌う!

あなたは売り込まれた経験てないですか?

その時どのように感じましたか?

多分いい気持ちはしなかったのではないでしょうか?

 

興味がある商品の場合は別かもしれませんが

人というのは売り込まれることを拒否する傾向にあります

セールスマンが追い返される場面がよくテレビで流れていました。

最近はあまり見ていないですが、、、

 

なのでできるだけ売り込む記事を書かないほうがいいのです!

んっ?

なんか変だと思いませんか?

商品を売りたいのに売り込む文章を書いてはダメ!

なんか矛盾してそうな感じですよね(笑)

 

ではどうすればいいのか?

それは「買わせる文章」というものを書く必要があります!

買って!とお願いするのではなくて

買いたい!と思わせる記事を書くわけです!

 

非常に簡単に言いましたが

これは非常に難しいです!

私も完璧に理解しているとはとてもいいがたいです(笑)

なので今すぐできる簡単な方法をお伝えしたいと思います!

 

デメリットをしっかり書く!

売り込もうとするときにどんな記事を書くか想像してみてください!

きっと紹介する商品のメリットがいろいろ書かれているのではないでしょうか?

例えばブログアフィリエイト用の教科書でいうと

  • 月に10万稼げます
  • 一日に1時間しか作業しなくてもよいです
  • 初心者にもわかりやすい!

 

などこんな感じで書きがちです!

私もそうでした!

できるだけメリットをお伝えしなければいけない!

このように感じていたのです。

 

しかし、それらを見てどう思いますか?

なんかうさん臭くないですか?

このような記事だと読者を不安にさせ、距離を取らせてしまうのです。

それではなかなか買ってくれませんね!

 

なのでしっかりデメリットも書くようにしましょう。

え?悪い点も書くの?

そう思われる方もいるかもしれません!

たしかにデメリットのほうが大きくなってしまってはいけませんが

多少の悪い点は書く必要があります。

そっちのほうが信頼度が増すからです!

 

先ほどの例で行くと

  • ページ数が多い
  • 収入が得られるまで3か月はかかる

といった悪い点が書かれているほうがなんか安心できませんか?

 

悪い点を先に書き、良い点でまとめる

以下の文章の印象を比べてみましょう

  • 初心者に分かりやすいですが、ページ数が多いです。
  • ページ数が多いですが、初心者にわかりやすいです。

 

同じ内容ですがちょっとイメージ変わりませんか?

これをもっと工夫して

「ページ数が多いのが少し気になってしまいますが、

その分初心者の方に分かりやすいように丁寧に説明されています!」

このようにすれば信頼度も上がりますし

なにより良い点が際立ちますよね?

 

このように書くことが

読者に買いたいなと思わせるコツになります

簡単にできますのでぜひお試しください!

 

買ってもらおうと思うなら

売り込んではダメです!

もしくはそれができるぐらいのセールス力を身に着ける必要があります!

どちらを選びますか?

 

今回はここで終わりにさせていただきます。

読んでいただきありがとうございました!

 

おすすめ商品!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ