ブログを書く際のコツ! 読者の信頼を得るためには??

目安時間:約 5分

日々の就学お疲れ様です。

 

今回は読者の信頼を得るためのコツというのを

自分なりに紹介したいと思います。

 

以前の記事に書きましたが

読者というのは「見ない・読まない・信じない」というのが普通です。

 

なのでその心理をいかに崩せるのかというのが

読者を集めるためのポイントになります!

 

今回は「信じない」という部分に焦点をあてていきます。

 

対人状況での信頼

いきなり書き手と読者という立場で考えると実感がわきにくいので

まずはリアル社会でどのような行動が信頼されるのかを紹介します。

 

そのポイントを私が学んだのはこちらの本です。

 

この本は、能町光香さんが書かれた本で

この方は上級米国秘書検定に合格し、

世界で活躍できるエグゼクティブ秘書の 要請などに携わっています。

 

本の内容は能町さんが秘書として仕事を共にした

信頼される男たちの共通点が記載されています。

 

この中からブログ記事にも生かせるのではないかと思うポイントを

いくつか紹介していきます!

 

 

信頼してもらうためのポイントとは??

  • 信頼される男は必ず理由を伝える

 

本の中に記載されているポイントの一つです。

 

信頼されている男は部下に指示などをする際に

しっかり理由も添えて述べるそうです。

 

たしかに当然のこととは思いますが

実際できているのか見直してみると

意外とできていなかったりしませんか?

 

私もついめんどくさくなってしまい

重要な部分だけを伝えてしまいがちです。

 

これはブログ記事にも当てはまると思います。

 

「この商品お勧めですよ」

それだけではなかなか買いたいとはなりません

 

なぜお勧めなのか!

そこが重要なのです!!!

 

  • 信頼される男は信頼してといわない

 

このポイントは非常に納得しました!

 

ドラマとかでよく見ます

「私を信じてついてきてくれ」

みたいなセリフです。

 

なんかかっこいい気がしますが

本当に信頼される男は言わないそうです。

言う必要がないといったところでしょうか?

 

ブログではさらに見る機会が多い気がします。

 

「信じてください」

 

自分もつい使ってしまうなと思いました。

 

読者側になって考えてみると

信じてくださいと書かれていたら

なんとなく不信感を抱いてしまう気がします。

 

なので記事の中では

信じてくださいというのではなく

信じてもらえるように理由や根拠を書くのが重要となります!

 

 

まとめ

今回は二つのポイントを紹介しました。

 

  1. 理由をしっかり述べる
  2. 信じてくださいと書かない

 

今更かよと思った方もいらしゃるかもしれませんが

非常に重要ですのでぜひもう一度確認してみてください!

 

今回紹介した本には

まだまだ参考になるポイントが書かれています

 

記事だけでなく、対人場面でも役立ちますので

ぜひ読んでみてください!

 

 

ではこの辺で失礼します!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ商品!

コメントは5件です

  1. ひろちゃん より:

    こんばんは。
    信じてもらうためには、しっかり理由をいうこと。
    なるほど!
    ここですよね!
    しっかり、勉強されてて好感持てました。
    またきますね。

  2. kinoka より:

    はじめまして、こんばんは。
    「信頼されるためには、しっかりと理由も添えて述べること。」
    意識して、述べ方の工夫もして、繰り返しやってみよう!
    ポチっとさせていただきました。

  3. はまちゃん より:

    こんばんは。はまちゃんと申します。
    ブログ拝見しました。

    確かに、信じてくださいとお願いされると、信頼度がさがります。
    理由をはっきり聞いて、納得できないと信頼はできないな・・と
    人間関係を振り返ってみて、そう思いました。

  4. たっきー より:

    こんにちは!

    信じてください!と言われると
    なぜか疑ってしまうのはなぜでしょうね・・・

    理由をしっかり述べること!
    大事にしたいと思います。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ